Programs

(Installed Asian fonts are required in order  to view the following text correctly.)  

COMMITTEE FOR SKEPTICAL INQUIRY

Committee for Skeptical Inquiry (CSI) は超常現象や非主流主張に対して、信用おける科学的視点より批判的調査を推進し、調査から得た事実情報をメディアや一般へ普及することを目的とする委員会です。CSIはその他科学に関する質問、批判的思考法、科学教育そして根拠に基づき問題を検討する事を提唱します。

CSIの活動内容:

• Skeptical Inquirerの雑誌出版 • 出版、ニュースレターのスポンサー (Spanish Pensar, UK Skeptic等) • Council for Media Integrityを通じての支援活動 • 超常現象や非主流主張の批判的調査に興味を抱いているグループや個人との国際的なネットワークの維持 • 現地、及び国際レベルの会議の召集 • Inquiry Minds Programによる教育のプログラミングや発展 • ウェブサイトの更新による消費興味の維持 (Camp Inquiry, The Skeptic’s Toolbox, The Skeptiseum, Phil Klass’ UFO Files) • 主張を推測的な原因や先例で排斥せず、客観的に注意深く研究する

CSIは25年の経験のある非営利の科学教育団体です。The Skeptical Inquirerは年に6回官報を出版しています。Skeptical ニュースレターは会員にのみ配布しております。

COUNCIL FOR SECULAR HUMANISM

Council for Secular Humanism (CSH) は世俗的人本主義の向上により理論的調査、道徳的価値及び人類発展を育むことを目的としています。この任務を遂行する為にCSHは出版やプログラムのスポンサー、そして会議の開催やグループ活動の計画等をしています。

活動内容:

• メディア、一般市民や政策立案者へ向けての世俗的人本主義の提唱 • 無宗教者に対し非宗教人間主義活動や地域社会を提供し、充実した生活を助長する • 非宗教人間主義が自然主義の生活姿勢の代替手段になるという可能性の立証 • 宗教や超自然体、及び人間主義の見解に関する批判的の研究 • あらゆる年齢に向けた教育プログラムの実施

CHSは非営利の団体です。Free Inquiryは1年に6回の官報を出版しています。

COMMITTEE FOR THE SCIENTIFIC EXAMINATION OF RELIGION

Committee for the Scientific Examination of Religion (CSER) はCenter for Inquiryのリサーチ部門です。1983年にワシントンで創設されて以来CSERは人文主義、宗教伝統や団体の研究に対し批判的または視野を広めたアプローチを奨励して来ました。またCSERは世界の宗教に対する一般認識を促進する為のプログラムを作成して来ました。

活動内容:

• 米国の大学又は海外に於ける会議、セミナーのスポンサーシップ • Center for Inquiryやその関係団体との短期コースまたはセミナーの共同開催 • Prometheus Books との宗教学や批判的宗教学に関する書籍の合同出版 • CAESARの出版:A Journal of Religion and Human Values (以前のCSER Review)

COMMISSION FOR SCIENTIFIC MEDICINE AND MENTAL HEALTH

Commission for Scientific Medicine and Mental Health (CSMMH) は解明されていない代替医療や精神保健セラピーの科学的調査に活動の重点を置いています。CSMMHはその調査結果をメディア、学界や一般社会へ広める活動もしております。

活動内容:

• Scientific Review of Alternative Medicine の出版 • Scientific Review of Mental Health Practiceの出版 • 会議やミーティングの招集 • メディアや公共の場へのPR